Creative Support

荒木太朗

荒木太朗

広島大学工学部卒業後お笑い芸人を目指し上京し、田中卓志氏(現アンガールズ)とお笑いコンビ「ラスカルズ」を結成し活動。解散後、演劇の世界での活動を開始する。
2009年10月演劇集団「TEAM the ROCKETS」を結成、主宰として年2回のペースで舞台公演の脚本・演出を手掛ける他、ネット放送局の番組企画、構成を担当。
活動の多様化に伴い、2011年1月に運営団体Office TTRを設立。
近年、TEAM the ROCKETS以外での劇団、企画団体における舞台公演にも脚本、演出として携わる機会が増え始める。よりエンターテイメントに特化した舞台作りを目指し、2013年11月22日より劇団「THEATER the ROCKETS」を設立。

増川洋一

声優、ナレーター、演出家
プロダクション・エース所属。
代表作として「NARUTO SD ロック・リーの青春フルパワー忍伝」,「NARUTO -ナルト- 疾風伝」ロック・リー役。
リーディングライブ「UBUGOE-voice of comedy-」演出家。

岡本直樹

映画監督・プロデューサー・キャスティング。
映像中心に役者として活動のち
フリーで助監督、制作を経て
フリーのまま監督デビューする異色の経歴。10歳からの夢を叶える。
アイドルグループのMVなども手がける。
フライカンパニオ 代表

(公開予定作)
「夏引きの頃」
「蒼い夕暮れ 遠くの空」

鄭光誠

朝鮮大学校 経営学部卒。
日本生まれの在日コリアン3世。
大学卒業後、就職するも1年4か月で退社し、芝居の道へ。
現在、NHK連続テレビ小説「マッサン」の脚本家である羽原大介が脚本・演出をする劇団昭和芸能舎に役者兼制作として所属する傍ら、外部で(主に)舞台の脚本・演出を手掛ける。

作品は、
在日問題、阪神大震災や自殺問題など史実をもとにした社会派の作品を手掛けている。
2011年9月に、出産をテーマに上演した「親孝行~こんにちは、母さん~」が、
第23回池袋演劇祭にて【としまテレビ賞】を受賞。

吉田武寛

演出家・脚本家
ステージユニットLIPS*S代表。
2015年、2団体合同公演『Kngihts』では2週間で動員2200人を突破。文芸者主催 第2回「人生いろいろ賞」短編部門にて優秀賞受賞(書籍化)。ナムコナンジャタウン主催「本当にあった怖い話」短編部門にて優秀賞受賞。
2013年、シンガーソングライターとコラボレーションした音楽劇『夜明けのスピカ』で大好評を得る。シンガーソングライターの持ち歌を生演奏しながら、演劇、ダンスで魅せた。
出演:翁鈴佳(アニメ「LOVELESS」主題歌「月の呪縛」など)

 
堤晋一

堤晋一

ロックバンドBivattcheeの元ボーカル インディーズデビューアルバム『青いカラス』 累計10万枚以上のセールスを記録 。
2003年SONY MUSICよりメジャーデビュー アニメ『交響詩編エウレカセブン』のOPテーマ”太陽の真ん中へ”作詞作曲担当 。
ドラマ『モテキ』 の挿入歌”紅茶の恋”作詞作曲担当。
映画『天国は作るもの』 のエンディングテーマ”キセキを起こせ”作詞作曲担当。
ステレオポニーに楽曲提供した『はんぶんこ』は初登場オリコン11位獲得 ジャンルに関わらずアーティストへの楽曲提供は多数に及ぶ。
CMソングやCMナレーションも多数担当。

永野浩市【Andore (アンドレ)】

A-Frog Graffixx(エーフロッグ グラフィックス)
アートディレクター兼デザイナー

埼玉生まれ

2001年より複数のデザイン事務所で勤務後、2007年から独立しA-Frog Graffixx アートディレクター兼デザイナーとして活躍。

平面的なデザインを中心にロゴ、書籍、ポスター、フライヤー(チラシ)、商品パッケージ、サイン(看板)等、様々なフィールドでの商品の宣伝、販売に関わる。またWebのレイアウトデザインも担当。
ジャンルにこだわらず幅広い視野を持ちデザインに取り組む。

 
 
 
 
CHキタサンドウ
CHEERS!
Bon Voyagestudio
Theater the Rockets

28 BLACK